東京医大茨城医療センター(茨城県阿見町)の保険医療機関の指定取り消し処分を受け、茨城県は9月27日、関係市町村の担当者を召集し、対応を検討するための初会合を開催。会合では指定取り消し後の対応として、国民健康保険(国保)の被保険者などについては療養費払いとする案を提示した。

ログインして全文を読む