厚生労働省は9月6日、2011年の人口動態統計(確定数)の概況を公表した。死亡総数は125万3066人で、前年比5万6054人増。出生数と死亡数を比較した自然増減数はマイナス20万2260人となり、5年連続でマイナスとなった。

ログインして全文を読む