厚生労働省は9月5日、2013年度予算の概算要求の内容を公表した。一般会計の要求額は前年度比8514億円増の30兆266億円で初めて30兆を超えた。そのうち特別重点・重点要求枠に1088億円を計上し、地域医療の強化や認知症対策、医療イノベーションの推進などを図る。

ログインして全文を読む