日本医師会は9月5日の定例会見で、患者の窓口負担に関するアンケート結果を公表した。調査では、3割負担の患者の7割近くが窓口での支払いに負担を感じ、過去1年間に経済的な理由で受診しなかったことがあると回答した患者も約1割いたことが明らかになった。このうち半数以上は、受診しなかった結果、症状が悪化していた。

経済的理由による受診控え、3割負担患者の1割が経験の画像

ログインして全文を読む