GEヘルスケア・ジャパンは8月30日、MRIで組織の硬さを評価し、肝疾患の進行度を診断するMRエラストグラフィー装置「MR Touch」を発売した。MRエラストグラフィーは、組織に外部から振動を与え、その振動波を利用して組織の相対的な硬さを色分けして表示する技術。これにより、肝組織の線維化の程度が分かり、肝疾患の進行度を生検せずに診断できる。

肝臓の線維化を非侵襲に評価するMRエラストグラフィー技術が登場の画像

ログインして全文を読む