米疾病予防管理センター(CDC)は2012年8月31日、変異型のA型インフルエンザウイルス(A/H3N2v)の感染により、初の死亡者が出たことを発表した。死亡したのはオハイオ州の成人患者で、複数の基礎疾患があった。農業見本市の準備で豚と接触し、感染したものと見られている。

ログインして全文を読む