日本うつ病学会は7月26日、国内初となるうつ病のガイドラインを公表した。精神科専門医に限らず一般医も対象とし、鑑別をきめ細かく行った上で軽症者への安易な薬物療法を避けるよう求めたのが特徴だ。

ログインして全文を読む