自分の子が医師を目指したいと言ったら、医師の7割以上は「なってほしい」が、看護師の7割近くは「なってほしくない」。医療機関支援サービスなどを手掛けるQLifeと、医療・介護従事者など向けにコミュニティサービスを提供するエス・エム・エスが医療従事者を対象に行った調査で、こんな意識が明らかになった。

医師は「子どもに医師になってほしい」が、看護師は「なってほしくない」の画像

ログインして全文を読む