インスリン療法の強化や変更を考えるタイミングはHbA1c 7.8%(NGSP値、以下同)だが、実際の変更はHbA1c 8.5%。インスリン療法の理想と現実には“0.7%”のギャップがあるという実情が、日本の医師256人を対象に日本イーライリリーが行った調査で明らかになった。

インスリン療法の強化、理想と現実のギャップは“0.7%”の画像

ログインして全文を読む