「病院勤務医の負担軽減」を重点課題に掲げた2010年度診療報酬改定の影響を調査した結果が、厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)総会でまとまった。参加した委員からは、「医療崩壊が叫ばれ、勤務医の処遇改善のために改定を行ったはずだが、効果がなくてがっかりした」との声が上がる一方、回答率の低さに触れ、「診療サイドのアンケート項目なのに『医療関係者の関心がないのでは?』と疑いたくなる」との指摘もあった。

勤務医の負担変わらず、失望感漂うの画像

ログインして全文を読む