医療機関の機能分化に向け医療法上の「一般病床」の区分を検討している厚生労働省の「急性期医療に関する作業グループ」(WG)は6月15日の第8回会合で、医療機関が自院の機能を都道府県に報告する仕組みを柱とする「一般病床の機能分化の推進についての整理(案)」をまとめた。近く開かれる社会保障審議会の医療部会に示す。

ログインして全文を読む