「長期収載品と後発品が同様の価格レベルになれば、安全性に疑念なく使える状況が生まれる」「先発品と一口に言っても、コストという面からひとくくりにできない」──。後発品のある先発品(長期収載品)と後発品との価格差を是正しつつ、後発品の使用を促進するための検討が、厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)で始まった。

先発品と後発品の価格差めぐる議論がスタートの画像

ログインして全文を読む