厚生労働省は4月25日、医薬品・医療機器等安全性情報の第290号を発行した。今回、「重要な副作用等に関する情報」が掲載されたのは、3月19日に改訂が指導されたアセトアミノフェン含有製剤、シベンゾリンコハク酸塩、トリクロホスナトリウムおよび抱水クロラール、メトホルミンの4種類。

ログインして全文を読む