入院料や診察料などの診療報酬を決める根拠(エビデンス)をめぐり、厚生労働省の会議で意見が分かれている。診療報酬を支払う側も、診療側も「患者満足度」を考慮することには賛成しているが、「医療機関の経営」という観点を入れるかどうかについては対立している。

診療報酬を決める「エビデンス」めぐり、意見が対立の画像

ログインして全文を読む