厚生労働省は4月23日、第3回不活化ポリオワクチンの円滑な導入に関する検討会を開き、近く承認される単独の不活化ポリオワクチンが導入された後の対応などについて協議し、基本方針を固めた。近く開かれる厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会の了承を得て、予防接種実施規則の改正などの手続きに着手する予定だ。

ログインして全文を読む