第6次医療法改正に向け厚生労働省は4月20日、医療提供体制などを審議する社会保障審議会・医療部会の「急性期医療に関する作業グループ」第6回会合で、医療法上の「一般病床」をA群、B群、C群などに区分する案を示し、大筋で了承された。しかし、各医療機関をどのように各病床群に振り分けるか、その選定方法や規定の仕方などでは意見が割れた。

医療法の「一般病床」をA〜C群などに区分への画像

ログインして全文を読む