大分大学長の北野正剛氏は4月17日、医師の一斉退職により診療を縮小している大分大病院の呼吸器外科と乳腺外科について、医師確保のメドが付いたとして、6月にも新規患者外来や手術を再開するという見通しを示した。

ログインして全文を読む