予防接種法改正のための検討を続けている厚生科学審議会予防接種部会(部会長は国立成育医療研究センター総長の加藤達夫氏)は、3月29日に開催された第21回部会で、前回(第20回、1月27日開催)いったんは了承された疾病区分の考え方について、事務局が新たに提出した見直し案を議論し、了承した。この見直しの結果、前回は2類に分類されたHPV感染症とB型肝炎は、1類に“格上げ”されることになる。

ログインして全文を読む