厚生労働省は3月14日、「臨床研修制度の評価に関するワーキンググループ(WG)」の5回目の会合を開催し、初期研修医の研修先とのマッチング状況や、医師養成のための教育のあり方についてヒアリングを行った。この日は、文部科学省医学教育課長の村田善則氏、日本医師会副会長の中川俊男氏が参考人として意見を述べた。

ログインして全文を読む