厚生労働省は3月7日に社会保障審議会医療部会(部会長:国立病院機構名古屋医療センター名誉院長の齋藤英彦氏)を開催し、医療法人役員が営利法人の役職員を兼務する場合の条件や、他の医療法人に融資等を行う際の要件などを提示した。

医療法人と営利法人の役員兼務の条件を明確化への画像

ログインして全文を読む