厚生労働省は3月6日、医療情報の提供のあり方に関する報告書を公表し、医療機関のウェブサイトは従来通り、医療法上の広告と見なさないことを示した。

ログインして全文を読む