帝京大学ちば総合医療センター救急集中治療センター助手の永松聡一郎氏は、2月28日から千葉市で開催されている第39回日本集中治療医学会学術集会において、集中治療医学会の医師会員の労働実態を調べた調査の中間報告を行った。

ログインして全文を読む