「指導・監査・処分改善のための健康保険法改正研究会」は、2月23日に開催した記者会見で、健康保険法の改正の必要性を訴え、具体的な提言を行った。同会は、2011年に保険医取消訴訟で勝訴した溝部達子氏を中心に、代理人弁護士を務めた石川善一氏らが参加し、この日に発足した。

ログインして全文を読む