哺乳類間で空気感染するH5N1鳥インフルエンザウイルスの変異株を発見した論文の公開が棚上げとなっている問題で、米Sciense誌と英Nature誌は1月31日、米国のバイオセキュリティーの専門家による声明を掲載した。

ログインして全文を読む