厚生労働省厚生科学審議会感染症分科会の予防接種部会(部会長=国立成育医療研究センター総長の加藤達夫氏)は1月27日、定期接種の対象として、7種類のワクチンを加えることを決めた。ただし、定期接種化に伴う財源については調整が難航するとみられ、立法化および制度化は一筋縄では進まなさそうだ。

ログインして全文を読む