インフルエンザが流行入りし、上尾中央総合病院(埼玉県上尾市、753床)や取手北相馬保健医療センター医師会病院(茨城県取手市、215床)では、大規模な集団感染が明らかになった。インフルエンザワクチンを接種していた職員にも感染が広がっており、感染対策の徹底などが求められている。

ログインして全文を読む