厚生労働省の先進医療専門家会議(座長は慶応大名誉教授の猿田亨男氏)は2012年1月19日、第2項先進医療に指定されていた技術のうち、内視鏡的大腸粘膜下層剥離術(大腸ESD)など23技術について保険導入が妥当とし、2012年度の診療報酬改定に向けて中央社会保険医療協議会に報告することを決めた。

ログインして全文を読む