ビグアナイド系血糖降下薬のメトホルミンが発癌、癌死亡リスクを低下させることが、メタアナリシスで検証された。国立国際医療研究センター病院糖尿病・代謝症候群診療部医長の能登洋氏が、第46回日本成人病(生活習慣病)学会(1月14〜15日)で発表した。

メトホルミンの癌予防効果をメタアナリシスで検証の画像

ログインして全文を読む