政府は12月21日、2012年度診療報酬改定の改定率を全体(ネット)で0.00%とすることを決定した。薬価・医療材料を1.38%(医療費ベース)引き下げて捻出する5500億円を、すべて診療報酬本体の引き上げに振り向ける。同日夜、安住淳財務相と小宮山洋子厚生労働相が合意した。

2012年度の診療報酬改定率は実質プラマイゼロの画像

ログインして全文を読む