久留米大先端癌治療研究センター助教の中村徹氏らは、末梢血から採取した高純度の血管内皮前駆細胞(EPC)を肝硬変患者に肝動注で肝内移植する臨床研究を進めており、最新の知見を10月の第15回日本肝臓学会大会で報告した。報告された8例で、安全性が確認されると同時に、肝予備能の改善も認められた。

有効治療ない進行肝硬変に肝臓再生医療で効果の画像

ログインして全文を読む