超党派の国会議員による尊厳死法制化を考える議員連盟(会長は参議院議員の増子輝彦氏)は12月8日の会議で「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)」の骨子を提案した。

ログインして全文を読む