厚生労働省は12月1日、2012年度診療報酬改定の基本方針を社会保障審議会の医療部会と医療保険部会に示し、了承された。医療従事者の負担軽減や医療と介護の役割分担・連携などを重点課題に挙げ、2012年度改定を「社会保障・税一体改革成案」に示された2025年の医療体制のイメージ実現に向けた第一歩と位置づけた。

2012年度診療報酬改定の基本方針固まるの画像

ログインして全文を読む