フィリップスエレクトロニクスジャパンの関連会社であるフィリップス・レスピロニクス合同会社(東京都港区)は、自宅で過ごす高齢者が急変した場合に救援者を呼ぶことができる「フィリップス緊急通報サービス」を、12月から開始する。同社が手掛ける人工呼吸器事業の販売チャネルを活用するほか、流通大手のイオングループで、家事代行サービスを手掛けるカジタク(東京都中央区)とサービスの提供・販売で提携する。

フィリップスが緊急通報サービス、イオンと提携し展開の画像

ログインして全文を読む