非小細胞肺癌治療薬のゲフィチニブ(商品名イレッサ)の副作用で死亡したなどとして、遺族や患者が国とアストラゼネカに対し損害賠償を求めていたイレッサ訴訟で、東京高等裁判所(園尾隆司裁判長)は11月15日、第一審の東京地方裁判所の判決を覆し、原告の請求を棄却した。

ログインして全文を読む