新潟大学災害・復興科学研究所助教の榛沢和彦氏は2011年10月、新潟県中越地震の被災地においてエコノミークラス症候群予防検診を実施。その結果、依然として被災地では深部静脈血栓症(DVT)の発症頻度が高いことが分かった。

新潟県中越地震の被災地ではDVT発症頻度が今も高いの画像

ログインして全文を読む