癌患者の清郷伸人氏が混合診療の容認を求めていた行政訴訟の上告審で、最高裁は10月25日、清郷氏の上告を棄却する判決を言い渡した。これにより、2009年9月29日に東京高裁が下した「混合診療の禁止は適法」との判断が確定した。

ログインして全文を読む