全国医学部長病院長会議は10月20日、新たに医学教育機関認証制度を立ち上げることを明らかにした。これは昨年、米国での就業を希望する外国人の医学部卒業生向けに臨床研修資格を発行するECFMG(the Educational Commission for Foreign Medical Graduates)が2023年以降、WFME(World Federation for Medical Education)やLCME(Liaison Comittiee on Medical Education)、もしくは同等の基準で認証された医学部の出身者にのみ受験資格を与えると発表したことを受けた措置。新制度で教育内容の認証を受けた医学部の卒業生のみ、これまで通りUSMLEの受験が可能となる。

ログインして全文を読む