文部科学省は10月20日、地域の医師確保のため、2012年度の医学部の入学定員を2010年度、2011年度と同様の枠組みの下で増員を認めると発表した。文科省は医師不足対策として、2008年度から医学部の入学定員を増員しており、2007年度の7625人から2011年度は8923人となった。来年度は2011年度とほぼ同じか微増すると見られる。

ログインして全文を読む