10月19〜20日に東京都千代田区で開催された全日本自治体病院学会第50回記念大会のシンポジウム「ここでもう一度『総合医』を考える」において、日本プライマリ・ケア連合学会理事長の前沢政次氏、台東区立台東病院院長の山田隆司氏、千葉大医学部附属病院総合診療部教授の生坂政臣氏が、これからの総合医育成のあり方について意見を交わした。

ログインして全文を読む