小児内分泌学会は10月11日、今月4日に各メディアで「福島県から長野県に避難している子どもの甲状腺検査に変化がみられた」と報道された件について、「検査値の基準値からの逸脱はいずれもわずかで、明らかな異常とは判定できない値だった。中には経過観察が必要な小児もいたが、放射線被爆と直接結びつけて考慮すべきものではない」との見解を公表した。

ログインして全文を読む