社会保険診療報酬支払基金は9月28日、解熱消炎鎮痛薬のインドメタシンやジクロフェナクナトリウム、Ca拮抗薬のベラパミルを「片頭痛」に使用した場合や、ビタミンB剤のメコバラミンを「帯状疱疹」「帯状疱疹後神経痛」に使用した場合など80の適応外使用例を、「薬理作用が同様と推定される」などの理由で審査上認めるとする見解を発表した。

ログインして全文を読む