「日大光が丘病院の存続を求める区民の会」は9月8日に会見を開き、改めて日大による練馬光が丘病院の運営継続を強く求めた。区民の会代表を務める小園井智代氏は「日大の撤退により、地域医療、特に小児医療の機能低下を招くことになる。また、区による後継法人を選定するプロセスも不透明であり、地域住民との協議を経ないこうした決定は決して認められない」と訴えた。

撤退表明の日大練馬光が丘病院、地域住民が日大の継続運営求めるの画像

ログインして全文を読む