米国研究製薬工業協会(PhRMA)が医薬品についてインターネット調査を実施したところ、回答者の約9割がドラッグラグの解消が重要との考えを持っていることが分かった。調査は、全国の35〜69歳の男女3267人を対象に、2011年7月12〜14日に行った。

ログインして全文を読む