市立甲府病院は9月1日、小児の腎動態シンチグラフィや腎静態シンチグラフィの検査時に学会の推奨投与量以上の放射性医薬品を投与していたと公表した。

ログインして全文を読む