日本医療機能評価機構は8月23日、「第1回産科医療補償制度 再発防止に関する報告書」を公表。補償の対象となった事例の分析から、体系的な取り組みが必要だと考えられた4つのテーマについて、再発防止策などを提言した。

ログインして全文を読む