厚生労働省は8月26日、第1回「医療の質の向上に資する無過失補償制度等のあり方に関する検討会」(座長:東北大学病院長の里見進氏)を開催し、同制度の本格導入に向けた議論をスタートさせた。

無過失補償制度の本格導入へ向けた議論スタートの画像

ログインして全文を読む