日本医師会は8月3日の定例記者会見で、7月22日に政府が閣議決定した「規制・制度改革に係わる追加方針」に対する見解を発表。医療関係者による審議会の議論などを踏まえずに閣議決定した点を問題視し、「政府の独断的な進め方を非難せざるを得ない」(副会長の中川俊男氏)と強く批判した。

ログインして全文を読む