医学生の6割以上は留年に不安を感じ、進級の基準が不合理だと考えている―。全日本医学生自治会連合(医学連)が全国の医学生を対象に行ったアンケート結果から、医学生のこんな本音が明らかになった。医学連を代表して奥野開斗氏(群馬大学)が7月22〜23日の日本医学教育学会総会で報告した。

医学生の6割が留年に不安の画像

ログインして全文を読む