日本移植学会(理事長:国際医療福祉大学熱海病院病院長の寺岡慧氏)は7月31日、親族間の生体移植について、医療機関からの依頼があれば学会の倫理委員会が妥当性を検証する方針を決めた。10月に開催する総会に向けて、検証のあり方を含めた倫理指針の改定案をまとめる。

移植学会、生体臓器移植の倫理指針改定への画像

ログインして全文を読む