日本医療安全調査機構(代表理事:高久史麿自治医大学長)は7月19日、運営委員会を開催し、厚生労働省から委託を受けている「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」の今後のあり方について理事会の方針を示した。

診療関連死モデル事業中止は回避の画像

ログインして全文を読む